トピックス

食器で食育!離乳食から陶器のお皿のススメ

子どもでも陶器のお皿で食事を!

0歳~3歳くらいの子どもが「お皿をわざとひっくり返す」「料理が乗っているお皿を投げる」という行為をすることはありませんか?この原因には、嫌いなメニューがある、食事に集中していないといった理由はもちろんのこと、

・プラスティックの軽いお皿のため、スプーンですくうときに動いてしまってイライラしている
・カンタンに投げたりひっくり返したりできるため、遊んでいる

ということも考えらます。

年齢が小さい子どもに対して軽いお皿を用意しがちですが、まだ食器を持って食べるという行為をしないため、軽いお皿はあまり意味がありません。だからこそ、ある程度しっかりとした重さのある食器を用意することで食器が動きにくくしてあげ、スプーンやフォークに慣れておらず、力加減がわからない年齢でも食べやすくすることが望ましいでしょう。

「食器が割れる」ことからも学びがある

陶器のお皿は当然割れるので、小さなお子さんがいる家庭ほど避けているということもあるかもしれません。まだまだ食事が上手に食べられない子どもは、前述したようにわざとひっくり返したり割ったりする以外にも、間違ってお皿を落としたり割ったりしてしまうことだって当然あります。ただ、それも学びの一つ。お皿が落ちる音や割れた時の惨状を見て、子ども自身が「もうお皿を落としたくない」「これをしちゃいけないんだ」と経験し、学習することが大切です。
 
落としてもいいように、割れないようにと配慮しすぎることで、子どもが失敗から学ぶ機会を奪ってしまっているかもしれません。

子どもの食器も素材にこだわり、有田焼の軽量強化磁器を採用

食べ物の内容食品を直接置いたり触れたりするのだから、 食器、器、カトラリーも含めて食育を考えたい。そこでcofaでは、有田焼の軽量強化磁器を使った食器を取り扱っています。程よい重みがあり、深めでシャープなデザインなので、スプーンですくいやすく、とろみや汁気の多くても対応できます。「食べやすい」「子どもが楽しんで食べるようになった」などと好評で、保育園や幼稚園はもちろんのこと家庭でも取り入れたり、ギフトにお選びいただいています。

トピックス一覧に戻る ❯