トピックス

子どもが夢中になれるコーナー遊びを目指して vol.04 ブロック・つみき

「楽しい」だけではなく「難しい」も友だちと共有

自分の世界に入りこみ、集中して黙々と遊び込むことはとても大切です。しかしそこにちょっとだけ「友だち」を意識できる工夫をしてみると、子ども同士が関わるきっかけになると思いませんか?丸い形が特徴的なラウンドブロックテーブル。丸テーブルは緊張感を和らげる効果があるとされており、コミュニケーションが取りやすくなります。四角いテーブルに比べると、お互いの顔が見やすく、会話がしやすいですね。

活動や子どもの遊び方に合わせてレイアウトを変更できる

キャスターが付いていることで簡単に移動させることができます。コーナーの広さを調節したり、即席でコーナーを設置するときにも便利です。掃除の際には棚を配置しているところも綺麗にでき下にホコリがたまることもありません。

種類や色で分けて選びやすく遊びやすく

ブロックや積木は、種類や色別に収納することをおすすめします。写真を使って収納場所がわかるようにすると乳児でも片付けができます。わけることで、遊ぶときには選びやすく、片付けるときにはしまいやすく使えます。乳児には少しの力でくっつけられる大きめなもの、幼児には細かく複雑な形が作れるものなど、子どもの年齢や手先の発達に合った玩具を用意しましょう。

トピックス一覧に戻る ❯