納入事例

子どもが夢中になれるコーナー遊びを目指して vol.04 ブロック・つみき

「楽しい」だけではなく「難しい」も友だちと共有!

自分の世界に入りこみ、一人で黙々と遊び込むことはとても大切です。
でも、そこにちょっとだけ「友だち」を意識できる工夫をしてみると、子ども同士が関わるきっかけになると思いませんか?
丸い形が特徴的なラウンドブロックテーブル。丸いテーブルは視線が交差しない為、緊張感を和らげる効果があるとされているので、コミュニケーションが取りやすくなります。四角いテーブルに比べると、お互いの顔が見やすく、会話がしやすいですね。

スペースを考慮してコーナーの設定を!

収納棚にキャスターが付いていることで移動も楽々。
コーナーの広さを調節したり、即席でコーナーを設置する時にも簡単です。

種類や色で分けて選びやすく!遊びやすく!

ブロックや積木は、種類や色別に収納すると遊びやすいです。
乳児には少しの力でくっつけられる大きめなもの、幼児には細かく複雑な形が作れるものなど、子どもの年齢や、手先の発達に合ったものを用意しましょう。

納入事例一覧に戻る ❯