納入事例

2019年12月04日(水)

社会福祉法人育慈会 めばえ保育園/きらきら星保育園 夢の星保育園 大内園/夢の星保育園 穂積園 (山口県山口市)

子ども、保護者、スタッフ すべてが家族と思える園づくり。

山口県に保育園を4 園運営する「社会福祉法人育慈会」。それぞれの職員が交流し、情報交換、共通理解しながら家族のようなチームワークで子どもたちを迎えます。

子どもたちの「やってみたい」を「できた」に(めばえ保育園)

自主性を伸ばし、モチベーションをあげることを目的とした「こどもアトリエ」。
絵画、造形、手芸、木工など、自由に思い思いの活動に取り組むことができる環境の中で、子どもたちは豊かな発想と好奇心を発揮して、「やってみたい」から「できた」を体験することで、小さな達成感を積み重ねています。(福永 朱美 園長先生)

本物ののこぎりをつかった工作(めばえ保育園)

木工は年長さんがメインとなり、昨年から本格的にはじめました。難しい作業は先生のサポートを受けながら、本物ののこぎりや金槌で作品を作ります。

遊びを選べるコーナーづくり(めばえ保育園)

3・4・5 歳児室の中にも、遊びのコーナーがたくさん用意されています。ままごと、ねんど、えほん、手芸などいろいろな選択肢の中から、子どもたちが自分で遊びを選びます。

子どもの発達に合わせた環境作り

1歳児室に設置したブックツリーは、取材時は先生が見守れる時だけ中に入れるようになっていました。子どもの発達を見ながら、自由に使えるような環境に変えていきます。

生きる力の基礎を育てる保育(きらきら星保育園)

きらきら星保育園では広い園庭を活かしてかけっこ、泥んこ遊びを存分にすることで、生きる力を育てる保育を目指しています。

夢の星保育園は県内に2 箇所あります(夢の星保育園 大内園)

自主性があり、よく考え、明るい子を目標に掲げる夢の星保育園は県内2箇所。
どちらとも友達や先生とのふれあいを大切にした保育を目指しています。

室内遊具で体を動かす(夢の星保育園 穂積園)

保育室の角に設置した、低年齢児用の小さなロフトで、子どもたちは繰
り返しすべり台を楽しみます。下段は大人では入ることができない狭いス
ペースですが、小さな子どもにとっては落ち着けるスペースになっています。

納入事例一覧に戻る ❯